会社案内

当社では産業用マイクロ波加熱装置の開発・製造・販売実績を35年以上蓄積してきました。

会社概要

当社では産業用マイクロ波加熱装置の開発・製造・販売実績を35年以上蓄積してきました。

マイクロ波のノウハウの他、プラントエンジニアリングとプロセス工学分野での長年にわたる経験を駆使して、取引先の要望に合う装置の開発、構想・設計を行っています。

取引先と緊密に共同作業を行うことにより当社技術の応用を実現する強みがあるため、取引先毎に異なる個々の要件に迅速に対応することができます。当社は、業界横断的な共同作業という挑戦に全力を尽くして取り組んでいます。

製品の品質とパフォーマンスに高い要求が課される用途では、マイクロ波装置は従来の加熱装置では得られない解決策を提供できます。その他、当社マイクロ波技術を用いて各種の生産方法が可能になりました。

自社開発のマイクロ波プラントエンジニアリングを用いて、グローバル競争の中、取引先各位におきましてあらゆる優位性を 実現できたことを誇りに思っています。

製造拠点

Production Facility

敷地:6000 平方メートル プラント: パイロットプラントステーション、工学技術部門、管理部門も収容する生産工場2棟 (各100 x 15 m、 30 x 15 m)

国際展開

Worldwide Activities

当社事業は欧州中心の展開ですが、アジア、アフリカ、米国における設置実績があります。世界的な提携企業ネットワークにより場所を問わずサポートが可能です。

助言及びコンサルティング

Consulting

取引先への初回提案時から操業中のサポートに至るまで、一貫した優秀な専門的助言及びコンサルティングとパートナーシップに基づく共同作業を行います。

当社ラボで検査設備を用いるプロセス技術的検査が、迅速な結果を保証します。

ハノーバー工科大学とヴァレンシア工科大学におけるプログラム Ansoftを用いるマイクロ波照射装置の配置構成とシミュレーション。

生産技術

Trial Lab

当社のパイロットプラントステーションでは、異なるマイクロ波照射装置仕様に対応する 20種類以上の検査設備を用いてプロセス技術検査が可能です。

  • 真空装置 (バッチ方式及びベルトコンヤ一貫タイプ)
  • 乾燥装置 (20kWまでのバッチ方式及びベルトコンベヤ一貫タイプ)
  • チェンバーオーブン
  • 液状製品用フローヒーター
  • 策状製品、シート材料に対応するベルトコンベヤ一貫タイプ加熱装置
  • 高温施設(限界温度1600°C)
DKE / IEC 規格対応

Trial Lab

2004年10月1日、ピュシ ナー社における「誘電加熱システム」K362作 業部会の会合

Consulting

DKE会議、2005年4月27 日、フランクフルトにて。 講演「グローバル競争において業界規格がも たらす戦略的インパクト」

1996年以降のプロジェクトに関する2017年01月のアンケート調査:
評点 基準
1,68 プラントエンジニアリングの品質
1,93 設備のプロセス安定性
2,07 マイクロ波装置の価格/性能比
1,32 担当者の専門能力
1,35 トラブル発生の際のサポートの質
1,44 トラブル発生の際の応答時間
1,93 ドキュメンテーションの品質

評価:
1 - 非常に満足、, 2 - 満足、, ... 6 - 不満